慎重に進めたい処分【機密書類はISO22000が守り抜く】

男の人

食品を事故から守る方法

パソコン

厳密な食品管理ルール

ISO22000とは、食品をあらゆる事故から守るルールを指します。事故とは、例えば食中毒です。たまにニュースで、ある店が食中毒を起こして問題になったと聞きます。これは他人事ではありません。もし自社も同様な事を起こせばどうなるでしょうか。ニュースだけでなくネットにも瞬く間に広まります。自社の評判は確実に落ち、利益損害を被るに違いありません。そこでISO22000という食品を事故から守るルールが必要になります。ISO22000では、従業員の手洗い、綺麗な専用衣の着用を基本姿勢とします。さらに製造途中で雑菌が混ざらぬよう映像確認せよと定めています。絶対に事故発生を防ぐ目的の下、極めて厳密なルールを敷いているのです。

承認を得るポイント

自社を事故から守り、利益損害を防ぐならISO22000の承認を得るのが近道となります。ただ、ISO22000の承認には、専門の審査機関の許しが必要です。この機関に自社ルールを見せて許しを得なければ、適切な姿勢で業務を行っていると世間に認められません。つまりは審査機関の基準に沿うルールを自社で作る事が大切です。定めたルールが合格に値しても、守ってもらわねば無意味です。絶対に破らないように、全従業員への教育も必須です。なぜ清潔な環境を整備する必要があるのかを、きちんと理解するまで教えておくことが、早期の取得に繋がるでしょう。また、食品製造過程の中で、どんなトラブルが起きやすいか、どう防げばよいかを教えます。事故を極力防ごうとする姿勢を徹底して貫けば、ISO22000取得を承認されるはずです。