慎重に進めたい処分【機密書類はISO22000が守り抜く】

男の人

食品に関するISO規格

サラリーマン

ISO22000は食品の安全を定めたISO規格であり、食品に関係する企業が主として取得を目指すISO規格となっている。ISO22000を取得することは、食品衛生や食の安全に配慮した製造や運営が行なわれている企業と認定されることになる。飲食店や食品を扱う業者では、食品の安全衛生が最重要な要素にもなっている。そのため、ISO22000を取得しそれらを認定されていることは事業活動へ良い影響を与える。ISO22000の取得を目指す場合には、製造工程や食品の管理全般の業務見直しや改善を行なっていく必要がある。そのため、まずはこれらの社内のルール作りを行ない、従業員に徹底させていくことから始めることが取得への工夫となる。

ISO22000の取得においては、いくつかの注意点もある。まずは、ISO規格においては、取得すれば終わりではないということがある。ISO規格では、定期的に更新審査があり、その更新審査を通過できない場合、資格取り消しとなる。そのため、これらの資格を取得した場合には、継続して食品衛生などに関わる活動を行なっていく必要がある。また、問題を起した場合にも資格取り消しとなるため注意が必要になる。ISO22000では、食品の安全衛生に関する問題を起した場合には、取り消しとなってしまい、再度取得の手続きから行なう必要が出る。そのため、日常の業務運営において食品の安全衛生に関し問題を起さないような対策を常時行なっていく必要がある。